読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手にお料理コラム 雑談もあるよ・・・

自称料理コラムニストのブログ

 

基本的な美味しいハンバーグのレシピとコツをご紹介。

f:id:makimikan:20161102143638j:plain

オムライスやグラタンと並ぶ洋食の定番と言えば・・・

 

 

こんにちは Makimikanです。

ご来訪ありがとうございます(*´▽`*)

 

今回のテーマは「ハンバーグ」です。

ハンバーグって料理は単純そうだけど実は意外と奥深い。

 

料理の基本は調理過程での「味見」ですが、ハンバーグは煮物やスープ、ソース等と違って途中経過での味見が難しい。

なので「最初の基本の味」が重要になってきます。

もちろん高くて良いお肉を使うと「美味しいハンバーグ」になる訳ですが、そこら辺で売っている「合挽き」でも、十分美味しいハンバーグは作れます。

 

「ハンバーグのパティ」

材料:2人前

合挽肉:200g(今回は国産を使用します)

玉ネギ:2/1個(約50g)

乾燥ぱん粉:10g

牛乳:40㏄

卵:1個

無塩バター:5g

塩:2g

ブラックペパー:少々

味の素:小さじ1

ナツメグパウダー:少々

 

 

 

f:id:makimikan:20161102100528j:plain

玉ネギは「みじん切り」にしてフライパンで炒めていきます。

 

ハンバーグに入れる玉ねぎは

➀みじん切りにして炒める

②みじん切りにして「塩もみ」してえぐみを抜いた後、塩抜きして加熱せずに使う。

③クイジナート等ですりおろして使う。等・・・

お店により使い方は様々ですが、➀が一番美味しく作れると思います。

②はマリネやタルタルソース、③は和風のソース等に活用すると良いでしょう。

 

f:id:makimikan:20161102102548j:plain

強火だと焦げてしまうので、中火から弱火位でじっくりと炒めます。

最初にレンジで回しておくと仕上がりが早くなり、玉ねぎの甘味も引き出せます。

※ 飴色になるまで炒める必要はありません。

 

非常に玉が大きく肉厚で旨味が濃厚な「淡路島産の玉ねぎ」

自他共に認める日本一美味しい玉ねぎでもあり、そのままお醤油をかけて食べても美味しい。

 

 

MCC ソテードオニオン 70ダイス 1kg 冷凍
 

 飴色に炒めている玉ねぎを、真空パックにして冷凍した業務用「ソテードオニオン」

日持ちも良く小分けも出来る為に、ホテル業界や洋食では幅広く使用されています。

 

 

f:id:makimikan:20161102104856j:plain

お肉は牛と豚の合挽き。

お肉屋さんによっては好みの配合にしてもらえる所もあります。

パン粉は牛乳で湿らせて、卵は良く溶いておきます。

 

f:id:makimikan:20161102105505j:plain

バター以外の調味料を全て加えて木べらで「こねるように」混ぜます。

ナツメグ」の香りが苦手な方は「タイム」や「セージ」でも良いと思います。

この段階では「熱」が最大の敵なので、夏場であれば「氷水」を用意しておいた方が無難。手でこねても良いのですが、直接だと「雑菌」が入りやすいので使い捨ての手袋を着用しましょう。

成型した後は1時間程冷蔵庫で寝かせておくと全体が引き締ります。

「空気抜き」と称して、手でパンパンする作業は必要ありません、手の熱で肉がだれるだけです。

 

f:id:makimikan:20161102113237j:plain

焼いていきます。中心を少しへこませて均一に火が入り易くなるようにします。

油は入れなくても良いですが、鉄製の物であれば少し馴染ませておいた方が良いと思います。

火加減は「強火」で焼目が付いたらひっくり返します。

 

f:id:makimikan:20161102114048j:plain

ある程度焼目が付いたら、弱火にしてフライパンにフタをしてバターを入れて蒸し焼きにします。

中まで火が入っているか分からない場合は、中心に串を刺してみると良いです。

出来ていれば「濁りのない透き通った肉汁」があふれ出して来る筈。

 

 

 

 

f:id:makimikan:20161102114710j:plain

フライパンに残った肉汁とソースをからめます。

ソースはお好みで「和風」「デミグラスソース」「トマトソース」等

 

f:id:makimikan:20161102114903j:plain

市販の「とろけるチーズ」を乗せてチーズバーグにしました。 ソースはトマトソースでガルニ(付け合わせ)は茹で卵たっぷりの「ポテサラエッグ」です。

 

f:id:makimikan:20161102120045j:plain

メークインと茹で卵だけのシンプルな「ポテサラエッグ」

ポテトサラダを美味しく作るコツは、味付けの塩コショウは「芋が熱いうちに」

マヨネーズは分離してしまうので「芋を冷ましてから」です。

 

f:id:makimikan:20161102115207j:plain

 何にせよ「手作りハンバーグ」はやっぱり美味しい。

 

 何だか懐かしい味がするカゴメの「基本のトマトソース」

 

www.makimikan.net

トマトソースの作り方はこちらでどうぞ・・・